2019年9月17日(火)

知の恩恵、グローバル化で 混沌を読む(1)
ローマー教授に聞く

2018/12/26 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年はトランプ政権誕生から3年目に入る。この2年間で自由貿易体制は大きく揺らぎ、世界は不透明な時代が続いた。2年間の混沌から何を学び、何を考えなければならないのか。1回目は18年のノーベル経済学賞を受賞したポール・ローマー教授に聞く。

――ノーベル賞受賞後の会見でグローバリズムの重要性を唱えました。

「一番の理由は(グローバリズムによってこそ)世界のどこかで発見されたアイデアが世界のあらゆ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。