日揮、一時10%安 原油安で業績に不透明感

2018/12/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

25日の東京株式市場で、日揮の株価が一時前週末比10%安となる1388円まで下落し年初来安値を更新した。1400円を割り込んだのは2年半ぶりだ。原油相場の下落を受けてプラント建設事業の先行きに不透明感が台頭し、機関投資家などの売りが続いた。

終値は131円(8%)安の1412円。株安の引き金は原油価格の下落だ。24日の米原油先物市場で指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート、期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]