/

この記事は会員限定です

海外勢、31年ぶり売越額 買い手少なく日本株失速

データが語る2018市場(3)

[有料会員限定]

2018年の日本株相場は日経平均株価が10月に2万4270円と27年ぶりの高値をつけた後に押し戻され、25日には2万円を大きく割り込んだ。年間騰落率が7年ぶりにマイナスに転じるのは確実で、12年以来続いた上昇相場が途切れそうだ。海外投資家の売越額は5兆円超と、31年ぶりの規模に膨らむ一方、目立った買い手は日銀に限られ需給面の弱さが浮き彫りになった。

「11~12月はヘッジファンドが解約や閉鎖対応で日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン