/

この記事は会員限定です

年賀状、終活で「今年限り」 高齢者に広がる

[有料会員限定]

年賀状ですが、今年限りで失礼させていただきます――。平成最後の年の瀬を迎えた高齢者らの間で、年賀状を送るのをやめる「終活年賀状」「年賀状じまい」が広がりつつある。年末の負担を減らすとともに、人間関係を整理したいといった理由があるようだ。メールなどによるあいさつの普及も背景の一つとなっている。

大分市の女性(69)はインターネット上で「終活年賀状」の文例を見つけ、「自分の気持ちにぴったりだ」と感じた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン