免許取り消し撤回認めず 牛逃走で飲酒運転の男性敗訴

2018/12/25 10:39
保存
共有
印刷
その他

飼育する牛が逃げたと連絡を受け現場に向かうため、自動車を酒気帯び運転して、福島県公安委員会から免許取り消し処分を受けた同県二本松市の60代男性が、運転は緊急時のやむを得ない行為だったとして処分の取り消しを求めた訴訟で、福島地裁(遠藤東路裁判長)は25日、請求を棄却した。

訴状によると、2017年5月の夜、自宅で、グラス1杯の焼酎の水割りを…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]