/

免許取り消し撤回認めず 牛逃走で飲酒運転の男性敗訴

飼育する牛が逃げたと連絡を受け現場に向かうため、自動車を酒気帯び運転して、福島県公安委員会から免許取り消し処分を受けた同県二本松市の60代男性が、運転は緊急時のやむを得ない行為だったとして処分の取り消しを求めた訴訟で、福島地裁(遠藤東路裁判長)は25日、請求を棄却した。

訴状によると、2017年5月の夜、自宅で、グラス1杯の焼酎の水割りを飲んだ後、県警二本松署から「牛が逃げ、道路を徘徊(はいかい)していて危険だ」と連絡を受けた。緊急事態と判断し、車を約700メートル運転、その場にいた警察官に酒を飲んできたことを自ら申告した。

検査で呼気1リットル当たり0.26ミリグラムのアルコールが検出され、同年10月に免許取り消しと、免許を取得できない欠格期間2年の処分を受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン