2019年7月19日(金)

米地裁、北朝鮮に550億円賠償命令 米大学生死亡で

2018/12/25 7:11
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】北朝鮮で拘束され、解放後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の両親が北朝鮮政府に賠償を求めた訴訟で、首都ワシントンの連邦地裁は24日、北朝鮮に5億100万ドル(約550億円)の支払いを命じた。米メディアが相次ぎ報じた。

ワームビア氏は1年半にわたり北朝鮮で拘束され、2017年6月に昏睡(こんすい)状態で帰国した後に死亡した。同氏の両親は18年4月、北朝鮮に10億ドルの賠償を求めて提訴した。ワシントン連邦地裁は24日、「ワームビア氏の死亡と両親の精神的苦痛の責任は北朝鮮にある」と指摘した。

ワームビア氏の死亡により米国内で北朝鮮への批判が強まり、17年11月の米国による「テロ支援国家」の再指定につながった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。