/

この記事は会員限定です

EUの理想に市民が反旗 自由貿易や財政再建、正念場

転換点の2018年

[有料会員限定]

2018年上期の国際情勢を象徴する写真がある。自説にこだわり合意を拒むトランプ米大統領を身を乗り出して説得するメルケル独首相。6月にカナダで開いた主要7カ国(G7)首脳会議の舞台裏での一コマだ。トランプ氏に自由貿易の重要性を説くメルケル氏ら欧州の首脳。この頃、欧州には自由貿易や民主主義の旗を守ろうとする気概があった。

だが18年末を迎え、トランプ氏を囲んだG7の欧州4カ国の首脳全てが火種を抱える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません