/

この記事は会員限定です

GPIF、気候変動リスクの開示促進 企業や金融機関に

[有料会員限定]

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は運用を委託する金融機関や上場企業に対し、気候変動が業績に与える影響を開示するよう促す。温暖化が経済に悪影響をおよぼせば、年金運用も損失を被る。企業が原材料価格の上昇予測などを積極的に開示する環境整備を後押しし、温暖化ガスの排出を抑える取り組みの強化につなげる狙いだ。

GPIFは近く、主要国の金融当局をメンバーとする金融安定理事会(FSB...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン