勝負はこれから

フォローする

2年連続沢村賞 巨人・菅野にみた「昭和の侍」
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/12/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

忘れ去られようとしている価値観に執着し続ける選手が、一人くらいいてもいい……。そんな感慨を抱かせたのが、今季10完投、8完封をマークした巨人・菅野智之(29)だった。昭和のレジェンドの名を冠した沢村賞を2年連続で受賞した力投は、その名の通り、昭和の侍の香りを漂わせるものだった。

「満足は一つもしていない」

先発・完投型の投手を顕彰するために設けられた沢村賞の選考基準は厳しい。25登板、10完投、15勝、勝率6割、200投球回、150奪三振、防御率2.50。必ずしもすべてクリアする必要はないというものの、投手の分業化も行き着くところまで行き着いた感のある現代の野球では、夢物語に近い基準といっていいだろう。

菅野はそのすべてをクリアした。28登板、10完投、15勝8敗の勝率6割5分2厘、202投球回、200奪三振、防御率2.14。シーズン8完封は1978年、近鉄・鈴木啓示さん以来40年ぶりで、これも昭和の侍の系譜に連なる大記録だった。

菅野は厳しい沢村賞の選考基準をすべてクリアした=共同

菅野は厳しい沢村賞の選考基準をすべてクリアした=共同

それでも、6億5000万円(推定)という日本選手歴代最高に並ぶ年俸で契約更改したあと「満足は一つもしていない」と語った。来季の目標は20勝に、再び全基準を満たしての3年連続沢村賞受賞という。

シーズンを通して健康体を維持すれば、菅野にとって難しいことではない。しかし、完投数への執着は肩の酷使を招きかねず、リスクを伴う。今季の巨人の場合は、抑えが安定しなかった戦いのなかで、勝つための最善の策として、やむを得ず、菅野に完投してもらったという側面もあった。

10完投はそうしたチーム事情から生まれた数字でもあったが、マウンドを一人で守り切り、最後は捕手と喜び合う、という姿は昔の野球をほうふつさせ、懐かしいものがあった。それはまた昭和から平成、そして平成から次の時代へ、という時の流れの重みを感じさせるものだった。

「投手は先発完投」が当たり前とされた時代は、いつごろから変わったのか。一つの区切りを示す証言が、救援投手という新職種の先駆けとなった江夏豊さんの回顧だろう。

阪神から南海(現ソフトバンク)に移籍して2年目の77年、江夏さんは当時の監督、野村克也さんから「リリーフやらんか」と打診された。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

来季からヘッド兼打撃コーチに就任する小笠原道大さん(右)と日本ハムの栗山英樹監督=共同共同

 侍の魂が、日本ハム・清宮幸太郎の飛躍をもたらすか――。中日の2軍監督を退任、14年ぶりに古巣に復帰し、ヘッド兼打撃コーチとなる小笠原道大さん(46)は現役時代、「言い訳無用」といった「剛の者」の香り …続き (10/29)

第2戦の一回、先制を許した今井(右から3人目)のもとに集まる西武ナイン=共同共同

 リーグの覇者、西武としてはあまりにつらいクライマックスシリーズ(CS)敗退だった。だが、菊池雄星、浅村栄斗が抜け、昨季最多勝の多和田真三郎も不調、という試練を克服するなかで、チームの新しい形も見えて …続き (10/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]