2019年6月27日(木)

勝負はこれから

フォローする

2年連続沢村賞 巨人・菅野にみた「昭和の侍」
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/12/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

忘れ去られようとしている価値観に執着し続ける選手が、一人くらいいてもいい……。そんな感慨を抱かせたのが、今季10完投、8完封をマークした巨人・菅野智之(29)だった。昭和のレジェンドの名を冠した沢村賞を2年連続で受賞した力投は、その名の通り、昭和の侍の香りを漂わせるものだった。

「満足は一つもしていない」

先発・完投型の投手を顕彰するために設けられた沢村賞の選考基準は厳しい。25登板、10完投、15勝、勝率6割、200投球回、150奪三振、防御率2.50。必ずしもすべてクリアする必要はないというものの、投手の分業化も行き着くところまで行き着いた感のある現代の野球では、夢物語に近い基準といっていいだろう。

菅野はそのすべてをクリアした。28登板、10完投、15勝8敗の勝率6割5分2厘、202投球回、200奪三振、防御率2.14。シーズン8完封は1978年、近鉄・鈴木啓示さん以来40年ぶりで、これも昭和の侍の系譜に連なる大記録だった。

菅野は厳しい沢村賞の選考基準をすべてクリアした=共同

菅野は厳しい沢村賞の選考基準をすべてクリアした=共同

それでも、6億5000万円(推定)という日本選手歴代最高に並ぶ年俸で契約更改したあと「満足は一つもしていない」と語った。来季の目標は20勝に、再び全基準を満たしての3年連続沢村賞受賞という。

シーズンを通して健康体を維持すれば、菅野にとって難しいことではない。しかし、完投数への執着は肩の酷使を招きかねず、リスクを伴う。今季の巨人の場合は、抑えが安定しなかった戦いのなかで、勝つための最善の策として、やむを得ず、菅野に完投してもらったという側面もあった。

10完投はそうしたチーム事情から生まれた数字でもあったが、マウンドを一人で守り切り、最後は捕手と喜び合う、という姿は昔の野球をほうふつさせ、懐かしいものがあった。それはまた昭和から平成、そして平成から次の時代へ、という時の流れの重みを感じさせるものだった。

「投手は先発完投」が当たり前とされた時代は、いつごろから変わったのか。一つの区切りを示す証言が、救援投手という新職種の先駆けとなった江夏豊さんの回顧だろう。

阪神から南海(現ソフトバンク)に移籍して2年目の77年、江夏さんは当時の監督、野村克也さんから「リリーフやらんか」と打診された。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
23日のオリックス戦で延長10回に大量リードを許す展開を見つめる緒方監督(中央)=共同共同

 広島がセ・パ交流戦で4勝12敗1分け(6月24日現在)と負け越した。リーグ半ばの“中間テスト”の意味合いがある交流戦で及第点を取れず、リーグ4連覇に暗雲がたれ込めるが、3週間、いたずらにもがき苦しん …続き (6/25)

5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同共同

 「フォーアウトを取る野球は難しいということですねえ」。巨人・原辰徳監督が、しみじみと語ったのは岡本和真の“凡飛”が、東京ドームの天井に当たって安打となったことから逆転勝ちした中日戦(5月2日)のあと …続き (6/11)

上原のシーズン半ばでの引退決断には、チームに影響のない形で辞めるという強い意志があったことがうかがえる=共同共同

 シーズン半ば、巨人復帰後の上原浩治(44)が、ユニホームを脱いだ。復活を心待ちにしていたファンにとっては寂しい限りだろうが、誰よりも悔しい思いをし、決断の苦しさを味わったのは当人だろう。自己に対する …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]