米中「冷戦」の足音 覇権争い先鋭化

2018/12/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年はわずか1年で世界の秩序が大きく揺らいだ。米国と中国は貿易不均衡に端を発した経済摩擦が強まり、テクノロジーや軍事面での覇権争いに発展した。欧州は政治の分断が鮮明で、サウジアラビアやイランを巡る中東の緊張も日に日に高まる。19年の国際社会に平穏は訪れるのか。

「貿易戦争のおかげで中国経済は減速している。米国はうまくやっているし、中国と包括的な取引が成立するかもしれない」。12月中旬、トラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]