2019年2月17日(日)

旧型F15を米に売却検討 政府、装備品調達の財源に

トランプ政権
税・予算
政治
北米
2018/12/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政府は航空自衛隊が保有する戦闘機「F15」の一部を米国に売却する検討を始めた。米国から新たに最新鋭ステルス戦闘機「F35」を105機追加取得する際の原資に充てる。財政再建を進めるなかで防衛費が膨らんでいることへの批判にも対応する。すでに日米高官が協議を始めており、機体の数や売却額など詳細を今後詰める。

複数の政府高官が明らかにした。中古戦闘機の米国への売却は初めて。

F15は国内に約200機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

米の強襲揚陸艦ワスプに配備されたステルス戦闘機F35B(3月、沖縄沖)

F35戦闘機 最大100機追加取得へ 1兆円、政...[映像あり][有料会員限定]

2018/11/27 11:22

防衛大綱骨子案 「空母化」「領域横断」を明記[有料会員限定]

2018/12/12 1:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報