/

この記事は会員限定です

乗り物予約・決済 スマホで一括 「MaaS」実験続々

[有料会員限定]

欧州が先行する形で利用が進むMaaS(マース)と呼ばれる次世代の新交通サービスを巡り、2019年から日本でも企業の動きが活発化する。スマートフォン(スマホ)の専用アプリに目的地を入力すると、どういう移動手段を乗り継げば最短時間で到着できるかの情報提供のほか、一括決済が可能で、普及が期待される。欧州大手が参入するほか、トヨタ自動車が福岡市で実証実験を始め、東京急行電鉄小田急電鉄なども相次ぎ実験をスタートする。

マースは、フィンランド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン