/

東京大チームが優勝 国内最大のハッカー大会

情報セキュリティーの知識や技術を競う国内最大のハッカー大会「SECCON(セクコン)」の決勝大会が22~23日、東京都内で開かれ、東京大のコンピューターサークルのチーム「TSG」が優勝した。

セクコンは2014年度に国際大会になって以来、4年連続で韓国のチームが制覇しており、日本勢の優勝は初めて。今回は日本を含む世界6カ国の15チームが出場。4人一組で、運営側が準備した難しい問題に挑戦した。

TSG部長の高寺俊喜さん(20)は「韓国の連覇を止められてうれしいが、最後まで解けなかった問題もあった。これからもっと技術を磨きたい」と話した。

セクコンはNPO法人日本ネットワークセキュリティ協会が主催。10月にあったオンライン予選には、80カ国の約1400チームが出場した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン