/

この記事は会員限定です

「もの言う」自公部会 予算編成で関与強める

[有料会員限定]

自民、公明両党の部会が2019年度予算案の編成で関与を強めた。自民党は各部会が最重点項目をまとめ、予算案に反映するよう働きかけた。第2次安倍政権の発足以降、政策決定は首相官邸主導で進む「政高党低」と言われた。部会に勢いが出てきたのは安倍晋三首相の党総裁任期が21年9月までとなり、党内がポスト安倍を意識し始めたことと無縁ではない。

岸田文雄政調会長は21日の記者会見で、この日に政府が決定した19年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン