2019年4月26日(金)

イブは暖かい服装で 冬型強まり、大荒れも

2018/12/23 16:35
保存
共有
印刷
その他

天皇誕生日の振り替え休日となって、クリスマスイブを楽しむ家族連れやカップルの外出が多くなりそうな24日は西高東低の冬型の気圧配置が強まる見込みだ。北海道や東北の日本海側を中心に雪が降り、大荒れの天気となる可能性がある。気温も全国的に低くなると予想され、屋外でイルミネーションなどを見る際は暖かい服装が必要になりそうだ。

気象庁などによると、24日は気圧の谷が通過する影響で日本海側を中心に北寄りの強い風が吹き付ける恐れがある。上空には寒気が流れ込み、北海道から北陸、長野などでは雪になると見込まれている。

日中の最高気温は北海道で氷点下の地点があり、東北も冷え込むほか、東日本、西日本の広い範囲では10度前後にとどまる地域が多くなるとみられる。山間部はさらに低くなる。夜になると冷え込みが一段と厳しくなるほか、強い風によって体感温度が下がるため、しっかりとした防寒が求められる。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報