サッカー

レアル監督「成し遂げた業績に満足」 初の3連覇
クラブW杯、アルアインに4-1

2018/12/23 11:51
保存
共有
印刷
その他

【アブダビ(アラブ首長国連邦)=武智幸徳】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)最終日は22日、アブダビで行われ、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が開催国枠のアルアインを4-1で下した。大会初の3連覇を飾り、優勝回数を単独最多の4に伸ばした。

アルアインを下して3連覇を飾り、喜ぶレアル・マドリードのイレブン=共同

アルアインを下して3連覇を飾り、喜ぶレアル・マドリードのイレブン=共同

マルセロのうかつなバックパスのせいで先制されそうになり、セルヒオラモスの回生のクリアで命拾いした直後だった。今年の世界最優秀選手、クロアチア代表のモドリッチの正確無比なシュートがアルアインのゴールに吸い込まれたのは。

足の左右の違いこそあれ、夏のW杯のアルゼンチン戦で決めた一撃と似ていた。前に立ってシュートコースを消そうとする選手の存在を苦にしない。むしろ、ボウリングのレーンのスパットのように見立て、「ここを通せば、キーパーは手が届かないよね」という感じで狙い撃ちにする。

格下との対戦で番狂わせを未然に防ぐには先制点をやらないことに尽きる。そういう意味ではレアルが14分に先に取ったことで試合の行方は早々に見えてしまった。スポーツの醍醐味である「万に一つ」の期待を砕いたという意味において、何とも罪つくりなモドリッチのシュートだった。

前半、先制ゴールを決めガッツポーズするモドリッチ(中央)=共同

前半、先制ゴールを決めガッツポーズするモドリッチ(中央)=共同

監督初タイトルが大会3連覇の偉業となり、レアルのソラリ監督は満面の笑みでカップとともに記者会見場に現れた。「成し遂げた業績に満足している。幸福でもある」。前身のトヨタカップ時代から、この大会が子どものころから「大好き」と公言するだけに、自分の名を優勝監督として大会の歴史に刻んだことがうれしくてたまらない。

この優勝によって、監督として次にどんなステップが開けるのか。そう聞かれると「バカンスを取れること」と軽口をたたいて笑わせた。ロペテギ前監督の解任を受け、2軍監督から急きょ昇格した今季。これでやっと"仮免"扱いされずに済むのかもしれない。

もっとも、快挙と裏腹に現在のレアルが一つの転機を迎えていることも感じさせた大会だった。苦楽を長年ともにしてきた選手たちは「あ・うん」の呼吸レベルでプレーできる一方、はじけるような躍動感は乏しい。

試合のツボを押さえるうまさで3連覇を手繰り寄せたものの、年が明けた後の欧州王者の座を守る道のりは相当険しいものになる。ちまたを駆け巡る噂のように、E・アザール(チェルシー)のような新しい血をこれからのレアルは必要としているのだろう。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

セビリア戦の前半、競り合うマジョルカの久保建=左(12日、セビリア)=共同

 サッカーの海外各リーグは12日、各地で行われ、スペイン1部でマジョルカの久保建英はセビリア戦の後半41分までプレーしたが、2試合連続ゴールはならなかった。チームは0―2で敗れて19位に後退。エイバル …続き (9:42)

エスパニョール戦で競り合うエイバルの乾=左(12日、バルセロナ)=共同

 サッカーのスペイン1部リーグで12日、エイバルの乾貴士はアウェーのエスパニョール戦にフル出場し、前半25分の先制点につながるPKを獲得して2―0の勝利に貢献した。〔共同〕 …続き (12日 23:25)

浦和―鹿島の後半、先制し喜ぶ興梠(右)ら浦和イレブン(12日、埼玉スタジアム)=共同

 明治安田J1第4節最終日(12日・埼玉スタジアムほか=7試合)浦和は鹿島を1―0で振り切り、首位川崎と勝ち点10で並んだ。鹿島は開幕4連敗。C大阪は名古屋に0―2で敗れ、開幕からの連勝は3で止まった …続き (12日 23:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]