学生ベンチャーの苦い青春 挫折と再起の7年
ヒトシズク

ヒトシズク
2019/1/7 18:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「伊豆から日本を変えようぜ」。大学在学中にサークル仲間3人と起業した大塚真(27)は、静岡県伊豆市の古民家で乾杯したときの胸の高鳴りを、今では苦々しく思い出す。「何も分かっていないのに傲慢で自信だけがあった」。挫折と苦境を乗り越え、会社はもうすぐ8年目に入る。

北海道に生まれ横浜市で育った大塚は、ずっと地方での生活にあこがれていた。地方公務員を目指し、東京都内の私立大学で公共政策を勉強していた1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]