/

この記事は会員限定です

三井物産、北極圏LNGに出資検討 ロシア・ノバテクと交渉

[有料会員限定]

三井物産がロシアのガス大手ノバテクと、北極圏の液化天然ガス(LNG)事業への出資を協議していることが22日、わかった。ノバテクが保有する権益の一部取得を検討している。実現すれば255億ドル(約2兆8千億円)と見込まれる事業費を、出資比率に応じて負担するとみられる。

ノバテクは北極圏でLNG基地「アークティック2」の建設を計画している。2022~23年に操業を開始し、年産1980万トンを予定する。ノバテクは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン