新学部1期生、地域に溶け込み課題解決 高知大
大学と地域

大学
2018/12/25 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知大学から2019年3月、4年間を地域の課題解決にささげた学生が巣立つ。全国に先駆け15年に開設した地域協働学部の1期生だ。全国で最も地域と密着した大学「スーパー・リージョナル・ユニバーシティ」の理念のもと、600時間の実習科目を通じて何を学び、地域にどんな成果を残せたのだろうか。

1年生では県内の様々な地域を見て回り、2、3年生で高知市中心部の商店街や中山間地の限界集落などで、ひとつの地域や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]