/

この記事は会員限定です

新学部1期生、地域に溶け込み課題解決 高知大

大学と地域

[有料会員限定]

高知大学から2019年3月、4年間を地域の課題解決にささげた学生が巣立つ。全国に先駆け15年に開設した地域協働学部の1期生だ。全国で最も地域と密着した大学「スーパー・リージョナル・ユニバーシティ」の理念のもと、600時間の実習科目を通じて何を学び、地域にどんな成果を残せたのだろうか。

1年生では県内の様々な地域を見て回り、2、3年生で高知市中心部の商店街や中山間地の限界集落などで、ひとつの地域や団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン