2019年5月27日(月)

新学部1期生、地域に溶け込み課題解決 高知大
大学と地域

大学
コラム(地域)
2018/12/25 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知大学から2019年3月、4年間を地域の課題解決にささげた学生が巣立つ。全国に先駆け15年に開設した地域協働学部の1期生だ。全国で最も地域と密着した大学「スーパー・リージョナル・ユニバーシティ」の理念のもと、600時間の実習科目を通じて何を学び、地域にどんな成果を残せたのだろうか。

1年生では県内の様々な地域を見て回り、2、3年生で高知市中心部の商店街や中山間地の限界集落などで、ひとつの地域や…

サバのいけすに設置されたIoT機器で海水の温度や塩分濃度などを測定、分析する(福井県小浜市)

サバ復活、AIで漁師の「勘」データ化 福井県立大[有料会員限定]

2018/12/19 6:00

地場企業の技、脱炭素へ車変える 京都大[有料会員限定]

2018/12/20 6:00
APUのクラスでは観光学を熱心に学ぶアジアからの留学生が目立つ(大分県別府市)

別府の温泉地、留学生と磨く 立命館アジア太平洋大[有料会員限定]

2018/12/21 6:00
沖島の漁師(左)から漁に使う網の話を聞く学生たち(滋賀県近江八幡市)

琵琶湖の島、住んで守る 滋賀県立大[有料会員限定]

2018/12/22 6:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報