日産から16億円流出か ゴーン元会長の私的損失巡り

2018/12/21 20:57 (2018/12/21 22:55更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京地検特捜部は21日、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。自身の資産管理会社で生じた損失を日産に付け替え、さらに同社の資金約16億円を第三者に流出させた疑いが判明。日産は今回の逮捕容疑を踏まえて会社が受けた損害額を精査し、ゴーン元会長に対する賠償請求を検討する。

今回の逮捕容疑はゴーン元会長による「会社の私物化」の疑いを強める構図。保釈の可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]