2019年7月24日(水)

待機児童ゼロ達成険しく 日経・DUAL自治体調査

2018/12/23 20:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社と日経BP社の共働き子育て家庭向け情報サイト「日経DUAL」が実施した全国の自治体への調査で、政府が掲げる2021年3月末までの待機児童ゼロのハードルが高まっていることがわかった。幼児教育・保育無償化の影響で需要が掘り起こされ、半数近い自治体が待機児童は増えるとみる。解消には一層の努力や工夫が必要になっている。一方「共働き子育てしやすい街ランキング」では、宇都宮市が首位となった。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。