2019年6月17日(月)

中国ハッカー、世界攻撃か 米訴追の2人「APT10」

2018/12/21 20:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】米司法省は先端技術を盗み出した疑いで20日に起訴した2人の中国人をハッカー集団「APT10」のメンバーだと断定した。同集団は2016年ごろからサイバー攻撃を強めており、活動拠点は中国との見方が大勢だ。米政府は中国の情報機関である国家安全省の関与を指摘し、国家主導で世界規模のハッキングを画策したとみなしている。

「APT10」の名称は米情報セキュリティー企業「ファイア・アイ」が命…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報