/

ジブリパーク、22年秋に開業へ 3エリアを先行

愛知県は21日、愛・地球博記念公園(長久手市)に整備する「ジブリパーク」を2段階で開業すると発表した。5つのエリアのうち、3エリアは2022年秋に先行開業し、残りはその1年後を予定する。これまでは22年度中に開業するとしていた。

パークはスタジオジブリ(東京都小金井市)が監修し、ジブリ映画の世界観を体験できる施設として県が整備する。大村秀章知事は記者会見し、「実務的にスムーズにいき、少しでも早くご覧いただきたいと計画した」と話した。

先に開業するのは、「ハウルの動く城」などにちなんだ「青春の丘」と屋内型施設の「ジブリの大倉庫」、既存の「サツキとメイの家」を中心とした「どんどこ森」の3エリア。

県は18年度中に概算事業費や整備手法などを盛り込んだ「基本構想・設計」を策定。先行3エリアは19年度に詳細な図面などを詰め、20年度に着工する。残る「もののけの里」「魔女の谷」は21年度に着工する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン