花王、設備投資にESG基準 長期視点で実施可能に

2018/12/21 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

花王は設備投資の実施基準にESG(環境・社会・統治)の視点を取り入れる。これまで家庭用品事業では原則、生み出す利益が3~5年以内に投下資本コストを上回るのを条件としてきた。新基準では環境配慮型容器の製造設備などESGに関連する投資についてはこの条件を必須としない。10年超の長期視点で企業価値が高まるかどうかで是非を判断する。

花王は1999年に経営指標としてEVA(経済付加価値)を日本で初めて導…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]