/

この記事は会員限定です

中山間地の活性化、佐野藍てこに

(北関東フォーカス)

(更新) [有料会員限定]

栃木県の面積の約半分を占める中山間地域。過疎化や高齢化が進み、担い手不足や耕作放棄地の増加などの問題を抱える。そんな中、佐野市の山あいで自然藍を復活させようという動きが注目されている。原料となる藍草の栽培から藍染め製品の販路開拓まで地域内で完結させ、地域産業としての自立を目指す。藍をテコにした地域活性化の取り組みを追った。

宇治川の合戦で先陣争いを演じた梶原景季が乗った名馬「磨墨(するすみ)」が育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン