/

この記事は会員限定です

[FT]機関投資家、欧電力企業に脱石炭迫る

[有料会員限定]
Financial Times

シュローダーズ、リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント、米2大年金基金など、合わせて11兆ドル(約1300兆円)超を動かす投資家が、電力会社に対し、2030年までに石炭の使用をやめ、低炭素燃料にシフトする世界潮流への備えを明確化するよう迫った。

気候変動対応を企業に求める欧州の「気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)」が率いる投資家や、排出量の多い世界の企業上位10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン