陣痛促進剤の説明文書公開 製薬、妊婦の理解図る

2018/12/21 9:45
保存
共有
印刷
その他

お産の痛みを和らげる無痛分娩で使われることが多い陣痛促進剤について、販売元の製薬各社は21日までに、お産の最中におなかの痛みが急に強くなった場合はすぐに医師や助産師らに知らせることなど、使用上の注意をまとめた妊婦、家族向け説明文書を各社のウェブサイトで公開した。

無痛分娩での事故に関心が高まる中、安全に関する情報を医療機関から妊婦側に確実に伝えてもらうため。厚生労働省が作成を求めていた。

公開したのは、オキシトシンやプロスタグランジンの製剤を販売する丸石製薬、富士製薬工業科研製薬あすか製薬

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]