/

この記事は会員限定です

琵琶湖の島、住んで守る 滋賀県立大

大学と地域

[有料会員限定]

琵琶湖の東岸、滋賀県近江八幡市の沖合約1.5キロメートルに浮かぶ沖島。港で漁網を囲んだ学生たちが漁師の話を聞く。「カーテンの生地を使って自分で作ったんだよ」。細かな網目は、つくだ煮などで食べる細身の小魚「ウロリ」を取るものだ。島の暮らしの一端に、興味深くうなずいた。

沖島は淡水湖にある国内唯一の有人島だ。島に車は1台もなく、狭い路地をかごのついた三輪自転車がゆっくりと進む。

豊かな水産資源に支えら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン