2019年8月24日(土)

2次補正予算 追加歳出3兆円 赤字国債を3千億円減額

2018/12/21 10:29
保存
共有
印刷
その他

政府は21日、2018年度第2次補正予算案を閣議決定した。追加歳出は3兆351億円。防災・減災対策としてインフラ整備に1兆723億円を充てるほか、年末に発効する環太平洋経済連携協定(TPP)に備えた農林水産業の強化に3256億円を計上した。19年1月に召集する予定の通常国会に提出し、早期成立を図る。

財源には税収の上振れ分の8490億円や17年度に使い残した7131億円を使う。1兆3082億円の建設国債を追加発行する一方、赤字国債は当初計画から3千億円減らす。

相次ぐ災害を受けて空港や河川などを対象に実施した緊急点検を踏まえ、18~20年度で国費では計3兆円台半ばの対策を打つ。18年度は第2次補正で緊急性の高いインフラの補修などに充てる。

消費増税と同時に導入する軽減税率で中小店舗がレジ買い替えやシステム改修をする際の支援などに561億円を使う。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。