/

政府、中枢中核都市に82市選定 東京集中の是正狙い

政府は経済活動や住民生活などで活力ある地域社会を維持するための拠点となる「中枢中核都市」に、82市を選定した。東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県内や市外への通勤者が多く昼間人口が少ないベッドタウンなどを除き、政令指定都市や県庁所在市、中核市などから選んだ。地方創生推進交付金の上限引き上げや、中央省庁合同チームによる支援を実施する。

21日閣議決定した地方活性化策「まち・ひと・しごと創生総合戦略」改訂版に盛り込んだ。今後、各中枢中核都市は国に活性化案を提出。国は82市の活性化を支援し、人口の東京一極集中の是正を目指す。

中枢中核都市は産業活動発展のための環境や住民生活の基盤、国際的投資の受け入れ環境などといった要件を備え、東京圏への人口流出を抑止する役割を担う。2017年の東京圏への転入超過は12万人。中枢中核都市を軸に周辺自治体を含む地域を活性化し、20年時点で東京圏と地方の転入・転出を均衡させることを目標にする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン