定額で眼鏡掛け替え メガネの田中、月2100円で

2018/12/20 20:25
保存
共有
印刷
その他

中四国などで眼鏡店を展開するメガネの田中チェーン(広島市)は20日、定額制で眼鏡を掛け替えられるサービスを2019年4月1日から全店で始めると発表した。利用料金は月2100円(税抜き)で、数百種類ある眼鏡やサングラスから好きな1本を選ぶ。定額制サービスは様々な分野に広がっているが、眼鏡では珍しく、顧客の獲得につなげる考えだ。

新サービスは契約する3年間のなかでフレームを3本まで、レンズを3組までいつでも選べる。まず全国の主要店舗で2月中旬から300種類の眼鏡とサングラスをそろえ、先行してサービスを始める。「なりたい自分になる」ことを提案するとしてサービスの名称を「ニナル」と名づけた。定額制の導入を通じて、今までよりも自由に眼鏡選びができるようにする狙いだという。

フレームは毎回新品を用意し、レンズは視力に合わせて毎回つくる。フレームの価格は3万円台と、同社が販売する商品と同じ価格帯とした。

子ども向けの「ニナルSTEP」の利用料金は月1800円(同)。視力の変化や体の成長に合わせて無制限でフレームもレンズも交換できる。

同社の調査では眼鏡利用者は色やデザイン、形を重視して選びたいという思いがある一方、実際に購入する眼鏡は無難なデザインだったり、顔の印象が変わらないように同じタイプを使い続けたりすることが多いという。同社は全国14都府県に116店を展開する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]