月を基点に「宇宙生活圏」築く ispace・袴田CEO
NEXTユニコーン 起業家の横顔(7)

2018/12/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ispace(アイスペース、東京・港)は2020年の打ち上げに向けて月探査機を開発している。17~18年にかけ宇宙分野のスタートアップでは最大規模となる103億円を調達し、話題を呼んだ。日本経済新聞社の「NEXTユニコーン調査」で推計企業価値が15位にランクイン。袴田武史最高経営責任者(CEO)は米ジョージア工科大学で航空宇宙工学を学び、経営コンサルティング会社を経て起業した。

――なぜ月を目指す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]