/

この記事は会員限定です

自律制御システム研 千葉大発ベンチャーで初の上場

[有料会員限定]

産業向けドローンの開発・販売を手がける自律制御システム研究所(ACSL、千葉市)が21日、東証マザーズ市場に上場する。顧客企業のニーズに合わせて開発、導入、量産まで一貫して提供できるのが強みだ。千葉大学発ベンチャーでは初の上場となる。2021年3月期には機体販売数を18年3月期比で13倍となる500台に増やすことを目指す。

ACSLは13年11月、当時千葉大学で教授を務めていた野波健蔵会長が設立し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン