/

AIの開発拠点 インドに開設 アークレイ

医療機器メーカーのアークレイ(京都市)は20日、インドに人工知能(AI)関連技術の開発拠点を設けたと発表した。AI技術に特化した開発拠点は初めて。AI技術を使った血液や尿の臨床検査システムの開発につなげる。優秀なIT(情報技術)人材が豊富なインドに拠点を設けて、主力の検査システムの製品開発を強化する。

新拠点はインド西部マハラシュトラ州プネーに設けた。大学など研究機関が豊富で優秀な人材が集まっている地域として知られる。まずは5人程度でスタートし、順次採用を増やす。研究開発拠点は日本やシンガポールなどについで4カ所目。「優秀な人材を確保し開発スピードを上げたい」(同社)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン