2019年5月22日(水)

ドワンゴなど13社、VR用3Dモデル共通規格を作成

2018/12/20 18:11
保存
共有
印刷
その他

仮想現実(VR)事業を手がけるドワンゴなどは20日、3D(3次元)アバターの共通規格を提唱するコンソーシアムを発足すると発表した。

Vチューバー事業を手がける13社が集まって共通規格を広める

3DCG(コンピューターグラフィックス)キャラクターの「バーチャルユーチューバー(Vチューバー)」の流行に対応し、作成した3Dキャラを様々なプラットフォームで使えるようにする。将来的には国際標準化を目指すという。

3Dアバターの共通規格「VRM」を広める「VRMコンソーシアム」を2019年2月に設立する。VRMの発案者でもあるドワンゴやVチューバー向け動画配信サービスを提供するグリー子会社のライトフライヤーライブエンターテインメント(東京・港)、動画配信アプリのSHOWROOM(東京・渋谷)など13社が参加する。

このほか任天堂が、提言などが可能なオブザーバーを務める。

VRMはVチューバーなどが使う3Dアバター用のファイルフォーマットで、ドワンゴが4月に提唱した。現在は国内で16サービスが対応している。アバターの3Dモデルを統一し、別のプラットフォームに持ち込んで動かせるようにする共通規格だ。パソコンで作った3Dアバターをスマートフォン(スマホ)の配信アプリに取り込み、スマホから配信できるようにするなどの仕組み。

今後は3Dモデルやキャラクターなどの知的財産(IP)を取り扱う関連企業を中心に、コンソーシアムの加盟企業を募る。海外の3DやVR関連企業や団体との連携も進めていく計画だ。

(桜井芳野)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報