日韓外務省局長が協議へ 元徴用工対応巡り

2018/12/20 18:30
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】日韓両政府は日本企業への賠償命令が相次ぐ元徴用工訴訟への対応を巡り、近く外務省局長協議を開く。金杉憲治アジア大洋州局長が訪韓し、韓国外務省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と24日に会談する日程を調整している。新日鉄住金が被告の訴訟の弁護団は24日までに同社の回答がない場合、韓国内の資産差し押さえ手続きを進めるとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]