2/22 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 過去最低の金利水準におびえる株式市場(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: 米銀行ウェルズ・ファーゴ、不正営業で制裁金3300億円
  3. 3位: 逆境の小売株、優劣鮮明 連続増益企業にマネー[有料会員限定]
  4. 4位: ホテルREIT、「変動賃料」裏目に 宿泊客減を警戒、オフィス…[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ227ドル安、肺炎と景況感悪化を警戒 金利は低下
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,061億円
  • 東証2部 73,258億円
  • ジャスダック 95,642億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.15倍15.88倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 2.01%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,386.74 -92.41
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,290 -220

[PR]

スクランブル

フォローする

「中国危機」の再来懸念 日本株の調整、長期化も
証券部 白壁達久

2018/12/20 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株が大きく揺れた。20日の日経平均株価は大幅に続落し年初来安値を更新した。前日に米国株が大きく下げた流れを受け、心理的な節目とされた2万0500円をあっさりと割り込んだ。相場動向を分析するアナリストは2015年の「チャイナショック(中国危機)」との類似性を指摘する。日本株は調整局面が長引く可能性も出てきた。

「東証株価指数(TOPIX)が高値から2割の下落になった。いよいよ弱気相場に入ったか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム