2019年8月21日(水)

九電が充放電ステーション、送電網へのEV接続試験で

2018/12/20 17:11
保存
共有
印刷
その他

九州電力は20日、電気自動車(EV)を送配電網に接続する技術の実証試験に際し、「充放電ステーション」を福岡市内に設置したと発表した。2019年1月まで試験する。EVの蓄電池を利用し、充電だけでなく、送配電網に電気を送るシステムの開発や検証を進める。

九州電力は総合研究所(福岡市)に「充放電ステーション」を設置した

試験には日産自動車三菱電機などが参加。九電の総合研究所(福岡市)にEV5台を用意したうえで、蓄電池の充放電を行う「充放電スタンド」5台を備えたステーションを設置した。専用のシステムが各EVの充電状況などを踏まえ、1台あたり最大6キロワットの出力で充放電できる。

九州では太陽光などの再生可能エネルギーの普及が進んでいるが、発電量が不安定な点が課題とされる。今回の技術が確立されれば、需給バランス調整への利用も期待できるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。