黒田日銀総裁「下振れリスク大きい」円高・株安警戒

2018/12/20 16:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の利上げが2019年中に停止する可能性が出てきたことで、日銀による大規模な金融緩和の「出口」は一段と遠のく見通しだ。黒田東彦総裁は20日の記者会見で「経済の見通しは海外経済動向を中心に下振れリスクが大きい」と述べた。日銀内では日米の金利差縮小が招く円高・ドル安を警戒する声が多く、政策修正に動きにくくなった。

日銀は20日の金融政策決定会合で金融緩和策の維持を決めた。米国発の株安について、黒田…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]