2019年1月21日(月)

日本曹達が医薬原料を増産、世界シェア4割の工場

ヘルスケア
環境エネ・素材
2018/12/20 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本曹達は医薬品などに混ぜる「ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)」を増産する。約50億円を投じ、二本木工場(新潟県上越市)に新しい生産ラインを設ける。HPCは薬やサプリメントに欠かせない材料のひとつ。世界消費量の約4割を供給する二本木工場を増強し、供給体制を盤石にする。

HPCは薬の錠剤やサプリメントを固めて、飲みやすくする粉末材料。人口10億人を超えるインドや中国の生活水準が向上して薬の摂…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報