/

この記事は会員限定です

日本曹達が医薬原料を増産、世界シェア4割の工場

[有料会員限定]

日本曹達は医薬品などに混ぜる「ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)」を増産する。約50億円を投じ、二本木工場(新潟県上越市)に新しい生産ラインを設ける。HPCは薬やサプリメントに欠かせない材料のひとつ。世界消費量の約4割を供給する二本木工場を増強し、供給体制を盤石にする。

HPCは薬の錠剤やサプリメントを固めて、飲みやすくする粉末材料。人口10億人を超えるインドや中国の生活水準が向上して薬の摂取量が増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン