2019年4月20日(土)

アカツキ、東京ヴェルディ主要株主に

2018/12/20 15:00
保存
共有
印刷
その他

ゲーム開発のアカツキは20日、東京ヴェルディの主要株主になったと発表した。既存株主からの株式譲渡により株式を取得し、関連会社にした。出資比率は非公表で、出資額は数億円程度。アカツキから社員を派遣し、ゲーム運営で培ったデータ分析やマーケティング施策のノウハウを提供する。

アカツキは2018年から東京ヴェルディとコーポレートパートナー契約を結んでおり、19~21年のシーズンでもコーポレートパートナー契約を結ぶ。東京ヴェルディのユニホームの胸の部分にアカツキの名前が入る。

東京ヴェルディは歴史のあるチームとして海外でも認知度が高く、アカツキの知名度向上にも役立つと考える。サッカー以外にバレーボールチームを運営しているほか、ビーチバレーや野球にも参入を表明するなど幅広いスポーツに接点を持つ。

アカツキはゲームに限らず様々なエンターテインメント事業を手がけてきた。ゲーム対戦競技「eスポーツ」のプロリーグも運営している。具体的な取り組みは今後詰めるが、観客などのデータを分析し、ゲーム運営のノウハウを使って広告を出すタイミングやファンを楽しませる施策を検討する。アカツキが経営参画することで東京ヴェルディに触れる機会を増やし、新たなファンの獲得を目指す。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報