2019年2月17日(日)

脱炭素化へ定まらぬ姿勢、看板と実態に食い違い
「エネルギー 日本の選択」パリ協定実施へ(下)

政策研究
経済
環境エネ・素材
ヨーロッパ
2018/12/21 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「再生可能エネルギーへのさらなる強固な投資が必要だ」。第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)が開かれていた9日、会場近くのホテルに民間企業や投資家、政府関係者ら約300人が集まり、強い調子で訴えた。

温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」は世界の気温上昇を産業革命以前より2度未満に抑えることを掲げる。集まった企業からは再生エネの活用拡大だけでなく、石炭火力発電所の運転停止といった先進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報