2019年9月18日(水)

派遣時給 11月4%上昇 三大都市圏、サミット求人本格化

2018/12/20 13:10
保存
共有
印刷
その他

人材サービス大手のエン・ジャパンが20日発表した11月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東、東海、関西)で前年同月比4.0%(59円)高い1556円だった。事務職の時給が同4.3%高と大きく上がった。来年6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた求人も本格化し始めた。

派遣社員の平均時給が上昇している

事務職の中でも英語を使った仕事のニーズが急増している。英文事務の求人数は同3.93倍に増え、時給は1768円と同5.5%上がった。招待者のビザや宿泊手配など会議準備の事務スタッフを中心に、大阪サミットに向けた求人が増え始めた。語学のできる人材は限られるため、時給の水準は高い。

「10月以降、今まで以上に人手不足感が高まっている」(エン・ジャパンの沼山祥史・派遣会社支援事業部長)。有期派遣スタッフが同じ職場で働く期間を3年までに制限する改正労働者派遣法が影響し、別の派遣先や正社員などの仕事を探すスタッフが増えている。

同業大手のリクルートジョブズが同日発表した11月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏で前年同月比1.1%(18円)高い1662円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。