2019年1月17日(木)

田母神被告の有罪確定へ 最高裁

社会
2018/12/20 12:31
保存
共有
印刷
その他

最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は20日までに、2014年の東京都知事選に出馬し、運動員に報酬を渡したとして公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(70)の上告を棄却する決定をした。懲役1年10月、執行猶予5年の有罪とした一、二審判決が確定する。決定は18日付。

一審・東京地裁判決によると、田母神被告は14年3~5月、元選対事務局長に報酬として200万円を渡したほか、運動員5人に計280万円を配った。

弁護側は無罪を主張したが、二審・東京高裁判決は、有罪が確定した元出納責任者らの証言を元に「被告が報酬を配ることを了承した」とした一審判決に不合理な点はないとして、被告側の控訴を棄却した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報