2019年3月22日(金)

首相「交付金の1割、実績に応じ配分」 国立大学改革
総合科学技術・イノベーション会議で表明

2018/12/20 12:02
保存
共有
印刷
その他

政府は20日午前、総合科学技術・イノベーション会議を首相官邸で開き、国立大学の運営費交付金を研究成果などに応じ配分する方針を決めた。2019年度から一部の大学で導入する。安倍晋三首相は「運営費交付金の約1割を対象に、若手研究者比率や民間資金の獲得状況など実績に応じ配分する」と表明した。18年度の運営費交付金は1兆971億円。およそ1000億円が1割分となる。

同日の会議では人材の流動性を高めるため、国立大学の教員に年俸制を完全導入する方針も決まった。質の高い論文の数や民間資金の獲得といった業績評価に基づき給与を支払う仕組みに変える。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報