2019年6月19日(水)

コメ、30年で3割値下がり 減反による価格維持実らず
商品市況 平成の30年(4)

2018/12/20 11:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コメの卸売価格は平成の30年間で3割以上下がった。食生活の変化や少子化で国内需要は減少が続く。政府は生産調整を2017年産まで実施し価格維持を図ったが、消費者のコメ離れを招き値下がりにつながった。

代表的な新潟産コシヒカリ(一般品)の業者間取引価格は1989年1月に1俵(60キロ)2万7750円だった。現在より約1万円高い。

当時は全国農業協同組合連合会(JA全農)がコメ流通を掌握していた。政府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報