/

この記事は会員限定です

ビッグデータで成績アップ、「学習解析」研究広がる

科学記者の目 編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

学びに関する様々なデータを分析し、成績アップに役立てよう――。IT(情報技術)や人工知能(AI)を活用した「学習解析(ラーニングアナリティクス)」が日本の教育現場でも広がり始めた。教育とテクノロジーが融合した「エドテック」が急速に進展し、学びのビッグデータが容易に集まるようになったことが背景にある。学習解析で得られた成果が認知科学やAIの研究に還元され、相乗効果を生むとの期待も膨らんでいる。

集中力を「見える化」して持続

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン