住宅火災で2人死亡 福島、66歳男性と母親か

2018/12/20 10:08 (2018/12/20 10:47更新)
保存
共有
印刷
その他

19日午後11時25分ごろ、福島県須賀川市雨田鍛治屋敷、無職の関根良一さん(66)方で出火しているのを、通報で出動した救急隊員が見つけ応援を呼んだ。木造2階建て住宅が半焼。関根さんは搬送先の病院で死亡が確認され、さらに焼け跡から1人の遺体が見つかった。

須賀川署によると、関根さんは母のサヨ子さん(91)と2人暮らし。サヨ子さんと連絡が取れていないことから、同署は亡くなったもう1人はサヨ子さんとみて身元の確認を進めるとともに、出火原因を調べている。

地元消防などによると、午後11時ごろ近所に住む親族から119番があり、関根さん方への救急出動を要請。到着した隊員が建物から煙が出ているのに気付いたという。

関根さんは1階で倒れており、サヨ子さんとみられる遺体は2階で見つかった。2階部分の燃え方が激しかったという。

火災は20日午前1時ごろに鎮火した。現場はJR水郡線の川東駅から約2.5キロ東で、農村地帯に住宅が点在する地域。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]